主に、クエン酸を配合した健康食品を取り扱っています。ぜひお試しください。【クエン酸普及会福岡本部】
クエン酸普及会福岡本部 「店長日記」
クエン酸健康法の醍醐味を実感 外出時の携帯にも便利 スポーツ後の爽快感に 多数の栄養補助食品補給に お肌スベスベ関節しなやかに カルシウムとマグネシウムの補給に
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:65
2011年03月22日
栄養のバランスを考えた食事を取ることも大切ですが
今週の店長日記では食事のしかたも見直してみましょう。


良く噛んで食べていますか?
良く噛んで食べると、唾液が分泌され、
消化しやすくなるだけでなく、虫歯を防ぐ効果があります。
また、噛むことで満足感がわき、食べすぎが予防できるので
ダイエットにも効果的です。

寝る前につい食べていませんか?
消化をする前に寝てしまうと脂肪が蓄積されやすくなり、
睡眠中でも消化器官などが働いているため
疲れが取れにくくなります。

食事中は水分の過剰摂取に注意!
食事中に水分を多く取りすぎると、
唾液の量が減り、消化の妨げになります。


食事のしかたを改善し、
健康的な生活を送りたいですね。
2011年03月14日
3月に入り、暖かくなってきましたが
季節の変わり目で風邪を引く方も多いと思います。

そこで今週の店長日記は風邪対策に効果的なビタミンCのお話を
したいと思います。


そもそもビタミンCが体内でどんな働きをするか
ご存知ですか?

ビタミンCは体内に侵入したウイルスを排除する
白血球の働きを強化し自らもウイルスと闘う働き
をします。

また、がんを予防する作用もあるとされているんです。

私たちの身体を守ってくれるビタミンCを沢山とって
健康を維持しましょう!


<ビタミンCを多く含む旬の食材>
★春キャベツ
出荷時期によって、春キャベツ、夏キャベツ、冬キャベツがあります。
いずれもビタミンCを多く含みます。

★新じゃがいも
じゃがいものビタミンCはでんぷん質に含まれるため、
熱を加えても大丈夫。
有毒物質を含む芽を除去し、
皮をむかずに調理するとさらに効果的です。

★さやえんどう
ビタミンCは熱に弱いので、
さっとゆでるのがコツです。

★イチゴ
そのまま食べることが出来るので、
ビタミンCを効率よく摂取することができます。

季節の食材でおいしく健康に過ごしましょう!
2011年03月07日
皆様、外出先から自宅に戻ってきた時に
手洗い・うがいは必ず行いますよね?

しかし、しっかり手を洗ったつもりでも
意外に落ちていない手の汚れ・・・。

今週の店長日記では、正しい手の洗い方を
ご紹介します。

きちんと洗えているかチェックしてみて下さいね。


★正しい手の洗い方★

洗う場所1:掌
まず石けんを泡立てます。
その後、右と左の掌を合せ上下に擦ります。

洗う場所2:手の甲
それぞれの手の甲を洗います。

洗う場所3:指と爪
指先・指の間もしっかりと洗います。
特に親指は掌で包んでねじりながら洗いましょう。
また、爪の間にある汚れや雑菌もしっかり
取ってあげましょう。

洗う場所4:手首
手首も掌で包んでねじりながら洗いましょう。
2011年02月28日
美しい歩き方をしている人は
スタイルがよく見え、とっても素敵ですよね?

今日は、正しく歩く為のポイントを
いくつかご紹介致します。

ウォーキング ポイント
背筋を伸ばし姿勢をよくする
歩幅は大きく
歩く時の重心は後ろに
出来るだけひざを伸ばしたまま歩き、着地はかかとから


正しく歩くことは、美しく見えるだけではなく、
身体のゆがみを整えたり、ダイエットにも効果的
なんですよ!

是非、普段のウォーキングの中に
上記のポイントを取り入れてみて下さい。
2011年02月21日
まだまだ寒いこの季節、
温かいお茶はとっても美味しいですよね?

今日は、私たちが何気なく毎日飲んでいる緑茶が
どんな良い効果を身体にもたらしてくれているのか

ご紹介したいと思います。


緑茶には
カテキン・カフェイン・テアニン・ビタミン
などが含まれています。

それぞれどんな効果があるか見てみましょう。


<緑茶の成分と働き>
カテキン
・がんを予防する効果が期待できる
・血液中のコレステロールを低下させる
・血液をサラサラにする

カフェイン
・脳の働きを活性化させる
・利尿作用がある

テアニン
・リラックス効果

ビタミン
・水分の減少を防ぎ、みずみずしい肌になる
・メラニン色素の生成を抑制する


その他にも、緑茶には
消臭効果・虫歯予防・二日酔いを防ぐなどなど
様々な働きがあるんですよ。

私たちが普段飲んでいる緑茶。
改めて毎日飲み続けていきたいですね!
2011年02月14日
皆さん、チョコレートはお好きですか?

今日はバレンタインデーにちなんで
チョコレートの原料であるカカオについて
少しお話をさせて頂きます。

さて、カカオが私たちの身体にどんな効果を
もたらしてくれるか、ご存知でしょうか?

カカオには、カカオポリフェノールという成分
が含まれており

★動脈硬化を防ぐ
★がん細胞の働きを抑制する
★疲労回復効果がある
★リラックス効果やストレスを和らげる
★アンチエイジング効果がある

などなど、実は様々な働きがあるんです。

普段チョコレートをあまり食べない方も
今日は少しだけ食べてみませんか?
2011年02月07日
2月4日は立春でしたが、まだまだ寒いこの季節。
皆さん、乾燥には気を付けていますか?

今日は乾燥対策について少しお話をさせて頂きます。


寒いこの時期、職場でも自宅でも
ずっとヒーターや暖房器具がつきっぱなしで、
一日乾燥した所にいる・・・
という方も
多いのではないでしょうか?

そんなときは、加湿器を付けましょう。

加湿器には、室内の湿度が適度に保ち
風邪などのウイルスの侵入を防ぐ働き
があります。

ですので、加湿器には
・風邪やインフルエンザの予防
・乾燥肌の予防
・のどの粘膜を保護
・花粉症対策         ・・・の様な効果が期待できるのです。

また、最近の加湿器は空気清浄機やアロマ機能などが
付いていたり
と、大変優れています。


そして、加湿器がない時には、
バケツに水を貼ったり、
濡れたタオルを部屋に掛けたり
などして
室内の乾燥を防ぎましょうね。

乾燥対策をして、今月も元気に過ごしましょう!
2011年01月31日
これからの季節、花粉症にお悩みの方
多いのではないでしょうか?

そこで、今週の店長日記では
普段の生活と花粉症の関係について
ご紹介したいと思います。


花粉症の症状が出てきた時に
こんな食生活をしていたら余計悪化するという
食べものがあります。

それは・・・
・肉、卵(動物性たんぱく質)
・揚げ物(油もの)
・カレー、香辛料の強い料理(刺激物)
・ファーストフード、お菓子(高カロリー)


また、
・規則正しい生活ではなく
・アルコールやたばこなどの嗜好品が好き
・ストレスが多い

などの方も花粉症は悪化しやすいです。


自分の普段の生活を振り返って、
身近なところから花粉症対策をしていきましょうね!

2011年01月24日
「鬼は~外!福は~内!」

来週木曜日、2月3日は節分ですね!

今日は節分で使う豆(大豆)についてお話させて頂きます。

皆さんの食生活の中で大豆はどの位取っていますか?
「実は、意外と食べてない・・・」なんて人もいるのでは
ないでしょうか?

しかし、大豆には栄養がたくさん詰まっており
特にたんぱく質が豊富
に含まれています。

また、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2をはじめ
カルシウム・カリウム・鉄・亜鉛・銅
などの
栄養素もしっかり含まれているのです。

特に、大豆に含まれる栄養素の一つに
大豆イソフラボンという成分があります。

大豆イソフラボンは、骨粗鬆症の予防や
更年期の症状を緩和する作用
があります。

また、大豆イソフラボン以外の大豆の成分には
・血液をサラサラにする
・肝機能の改善
・便秘を解消
・心筋梗塞の予防
・動脈硬化の予防

などなど、身体にいいことがたくさんあるのです。

皆さん、豆まきの後に大豆の料理を
食べて健康になりましょう!
2011年01月17日

寒い日が続くこんな日は、湯船につかって温まりたいですね。

今日は、入浴方法についてご紹介したいと思います。

まず、寒いからといって急に熱い湯船につからないこと!
寒いところから急に熱い湯船につかってしまうと
急激な温度変化により、体に大変負担を
かけてしまうことになります。(ヒートショック)

お風呂の水温は37~39度のややぬるめにしましょう。

また、長時間肩までしっかり湯船につかりすぎると
水圧により、こちらもかえって体に負担をかけてしまいます。

ですので、半身浴をお勧めいたします。
半身浴は、胸から下を湯船につからせる入浴方法です。
半身浴には、冷えや肩こりが改善され、
リラックス効果や疲労回復効果があります。


そして、半身浴ではダイエットの効果や美肌効果も期待できます。

最後にお風呂から上がった後には
乾燥を防ぐために、ボディークリームを
たっぷりと塗りましょう。
2011年01月11日
皆様、新年あけましておめでとうございます!
つかれ酢普及会福岡本部の店長竹原です。

昨年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼 申し上げます。

今年も皆様のご期待に添える様、全力でサポートさせて
頂きますので、2011年もつかれ酢普及会福岡本部を
どうぞ宜しくお願い致します!



★今週の店長日記は↓にあります。

-----------------------------------------------------------
皆様は年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

年末年始のお休みで、お酒を飲み過ぎたという方は
多いのではないでしょうか?

そこで、今日の店長日記は、
二日酔いを解消&日常の生活リズムを取り戻す方法
ご紹介致します。

・・・
家族や親せきが大勢集まり、「連日お酒ばかり飲んでいた・・・」 という方や、
新年会で、「二日酔い・・・」 という方もこの時期は多いのではないでしょうか?

そんな二日酔いの方は、
・ヨーグルトなどの乳製品を取る
・ウコンを飲む(コンビニで売っています!)
・梅干しを食べるしじみのお味噌汁を飲む
・しじみのお味噌汁を飲む

二日酔いにならないための大前提として、空腹でお酒を飲まないことです!


また、年末年始は
「夜更かしばかりしていた!」「グータラ生活を続けていた!」「普段の生活に戻れてない!」
という生活時間が逆転していた方には・・・

・散歩など外出する
・湯船につかって身体を温める
・寝る3時間前位にはテレビやパソコンなどをオフにする

太陽の光を浴びて体内時間を元に戻しましょう!
2010年12月20日
今年も残すところ後わずか。
2010年は皆様にとってどんな年でしたでしょうか?

私は、このつかれずを通して沢山のすばらしいお客様方と
繋がりを持たせて頂くことができ、本当に充実した良い1年でした!

来年も皆様との繋がりをより一層大切にし
1人でも多くのお客様に「良かった!」と言って頂ける様な
商品をお届けできるよう、社員一丸となって精進致します。

ですので、来年もどうぞつかれず普及会福岡本部を
宜しくお願い致します。

それでは、皆様、よいお年をお迎え下さい!
※次回の店長日記は1月12日(水)を予定しています。



★今週の店長日記は↓にあります。

-----------------------------------------------------------
『低温やけどにご注意』

寒いこの時期、電気カーペットや電気毛布などに
長時間使用している方も多いのではないでしょうか?

確かに温かくて気持ちが良いのですが
長期間の使用は低温やけどを引き起こす原因になります。

低温やけどは、通常のやけどと比べて
熱さや痛みがそれほどなく、軽く考えられがちです。

しかし、実際は皮膚の深部にまで熱が伝わり
皮下組織が損傷
されています。
そして、重症化しやすく、場合によっては皮膚移植の手術などが
必要
になることがあります。

布団で寝らず、電気カーペットの上で寝てしまい
低温やけどを負ってしまう人も大変多い
です。

いくら寒いとはいえ、皆さん、暖房器具には
頼り過ぎないようにしましょうね。
2010年12月13日
皆様、ノロウイルスには注意されていますか?

ノロウイルスとは、激しい腹痛や下痢、嘔吐などを
主症状とする感染症のことです。
そして、このノロウイルスの感染経路は
人から人がほとんどなんです。

ですので、感染を予防する為には、まず手洗いが第一!

帰宅時はもちろんこと、調理や食事の前にはしっかり、
せっけんと水でごしごし手を洗い
ましょう。
そして食材には充分に火を通しましょう。

もし、ノロウイルス感染者の吐物やふん便が布団などに付着し
それを掃除する場合には、付着した汚物中のウイルスが
飛び散らないように処理
し、その後
洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いをしてください。
その際にしぶきを吸い込まないよう注意してください。

十分すすぎ、高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果は高まります。
布団などすぐに洗濯できない場合は、よく乾燥させ、
スチームアイロンや布団乾燥機を使うと効果的
です。

また、下洗い場所を次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で消毒後、
洗剤を使って掃除
をする必要があります。

※塩素系の漂白剤の使用に当たっては
「使用上の注意」を確認しましょう。
2010年12月06日
12月に入り、いよいよ寒さが増してきましたね。
今日は、食を通じて身体を温める方法をご紹介します。

寒いこの時期、毎日の食べ方を少し変えるだけで
身体を冷えから守ることができるんですよ!

温めて食べる
煮る・炒める・蒸すなどの加熱させた
食事にしましょう。
逆に、トマトやキュウリなどの生野菜、バナナ、パイナップル、みかん、
メロン、スイカは身体を冷やしますので
取り過ぎには気を付けてくださいね。

辛みを効かせて食べる
とうがらしやしょうがなどの辛味を
効かすことで、身体が温まります。

旬の根菜である
だいこん、かぶ、さといも、ごぼう、れんこんには
様々なビタミンやミネラル・食物繊維が含まれ
私たちの身体を温めてくれます。

また、季節に問わず、身体を温めてくれる食べ物は
かぼちゃ、ねぎ、にら、にんじん、小松菜、ピーマン、みょうが、
にんにく、えび、いわし、もち米、などがあります!

毎日の食事に根菜を取り入れ、寒い冬を乗り切りましょう!
2010年11月29日
発酵食品は、毎日当たり前のように口にしています。

しかし、発酵食品をとることで、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

そもそも発酵とは、微生物が食材の原料に含まれる成分を
分解合成し、新たな成分を作り上げること
で、
それによって出来た食品を発酵食品と言います。

この微生物の働きによって、
元の食品には無かった味や風味が作られ、
栄養価が高い食品に変化します。


<発酵食品の例>
■味噌
たんぱく質を構成する必須アミノ酸が豊富です。
また、ガンの予防効果が注目されています。
味噌汁を毎日飲む人は、胃がんによる死亡率が
低い事が挙げられています。


■醤油
醤油に含まれるメラノイジンには、
血圧降下の作用、コレステロール低減、食後血糖値上昇抑制の
作用があります。


■酢
クエン酸とアミノ酸による働きで、ダイエットに効果があります。
また、高血圧の予防にも効果があります。


■納豆
納豆にはナットウキナーゼという粘り気のある
酵素が多く入っています。
ナットウキナーゼは血液をサラサラにし、
骨を強くする働きもあります。
2010年11月22日
健康の為にウォーキングを始めませんか?

ウォーキングは
ストレス解消、ダイエット効果、新陳代謝が良くなる
などなど、様々なメリットがあります。

特に、以下の様な人にはぴったりです。

★メタボリックな人

★パソコンの作業が長くデスクワークが多い人

★運動不足の人

★姿勢が悪い人

★いつもストレスをためている人


歩くことは体に良いだけではなく、脳にもとっても良いんですよ。

皆さん、ウォーキングで健康になりましょう!
2010年11月15日
11月も中旬に入り、本格的に風邪に注意しないといけない時期
なりましたね。

風邪を引かない為には、まずウイルスを体内に
入れないこと!


今週は風邪のウイルスから身を守るための
3つのポイントをご紹介致します。


★ウイルスから身を守る!
NO1:外出時はマスクを着用
空気中のほこりなどからのどの粘膜を守り、
風邪のウイルスを阻止します。

NO2:こまめなうがいと手洗い
風邪のウイルスは机やドアなど私たちの日常生活の
いたるところに付着しています。
ですので、帰宅時はもちろんのこと、トイレの後や食事の前など
こまめなうがいと手洗いが必要です。

NO3:ビタミンやたんぱく質の豊富な食事をとる
ビタミンCを多く含む食品は、
ブロッコリー(生)、レモン、ピーマン、キウイ、イチゴ 62mg などがあります。
たんぱく質は、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を、
バランスよく食べるとよいでしょう。
そして、十分な睡眠が必要です。
2010年11月08日
当店では、つかれず以外にも様々な商品を取り扱っています。

今日は、その中でも店長イチオシ『玄煎粉』
ご紹介させて頂きます!


玄煎粉のここがスゴイ!!
ポイント★1
玄米は天然栄養素の宝庫
玄米まるごと玄煎粉は栄養豊富で代謝効果に優れています!


ポイント★★2
お手ごろ価格!
価格は一食あたり、わずか70円!
お財布にとっても優しいんです!


ポイント★★★3
無添加、残留農薬ゼロ
玄煎粉の原料は岩手産特別栽培米100%(無添加)!


美味しいだけではなく、
玄米はメタボ管理やダイエットにも最適なんですよ。


そんな玄米を、毎日の食生活に取り入れてみませんか?
健康や美容に良くて、お財布にも優しい玄煎粉を
是非一度お試し下さい。


玄煎粉のショッピングページはコチラ


--------------------------------------
玄煎粉のことをもっと詳しく聞きたい!
というお客様は、お気軽に当店へご連絡下さい。

TEL:0120-599-181
お問い合わせはコチラ

店長:竹原 恵美子
--------------------------------------
2010年11月01日
糖尿病は私たちにとって身近な病気です。

皆さん、糖尿病対策はしていますか?

糖尿病の初期症状(自覚症状)はほとんどありません。

しかし、症状が進行すると、
・のどが乾き、水分を多く取るようになる
・尿の量・回数が多い
・立ちくらみ
・手足のしびれ
・体がだるく、疲れやすい
・痩せる
など、自覚症状が出てきます。

そして、さらに症状が進行すると、
・神経障害
・網膜症
・腎症
と合併症を引き起こします。


糖尿病は初期の段階であれば、
食事と運動で治療の効果が期待できます。

しかし、進行してしまうと、薬物療法でしか治療はできません。

糖尿病は私たちの生活次第で進行を抑えることができます。

ですので、日々の生活を振り返り、
栄養の取れたバランス良い食事や
適度な運動を心がけて過ごしましょう。
2010年10月25日
ピントがぼやけている・・・
目の奥が痛い・・・
目がゴロゴロする・・・
充血した目・・・
肩こりや頭痛、腰痛がひどい・・・

パソコンやテレビゲームなどの普及により、
上記のような疲れ目な方が最近急増
しています。

目が疲れたり乾いたりすると、
頭痛や肩こり・倦怠感などを引き起こす
ことがあります。

それでは、目の疲れ・乾きを治すにはどのようにしたら
いいのでしょうか?

それは、ずばり目を休ませること。

例えばパソコンやテレビゲームのディスプレイを
50分見続けたら10分間の休憩を取る
よう
しましょう。

また、パソコンのディスプレイから50cm以上離れ、
目線より下にディスプレイを持ってくると良いでしょう。


そして、目の血行を良くする為に、目の上に数分間
約40度位の温かい蒸しタオルを置いたり、
マッサージをする
ことも
有効なんです。

また、乾いた目や疲れ目には
点眼薬を指して目を癒してあげましょう。